[PR]

 自民党の「放送法の改正に関する小委員会」(佐藤勉委員長)は7日、NHKがテレビ番組をインターネットで常時同時配信するのに必要な放送法改正案を、来年の通常国会に提出することを柱とした提言をまとめ、総務省に提出した。

 NHKは2020年夏の東京五輪に間に合うように19年度中に常時配信を始めたい考え。小委員会の佐藤委員長は記者団に「(NHKの意向を)逆算すると(法案は)通常国会の予算が終わった冒頭で議論しないといけない」と話した。

 NHKは今も災害時などはネットで同時配信をしているが、24時間常に配信するには法改正が必要。総務省は法改正をする条件として、受信料の引き下げなどを求めた。NHKが先月、受信料を20年10月までに実質4・5%下げるなどと表明したことを受け、総務省は法案の準備を進めている。

 NHKは当初は受信料を払っている世帯を対象に、追加負担なしでネットに同時配信した映像を見られるようにする。払っていない世帯にはメッセージ付きの映像を流す計画だ。