[PR]

下町と生きたB級グルメ@北京

 丸い鉄板の上に、たらりと生地が落ちる。地面をならすようにトンボが回る。薄く広がった生地がきつね色に変わり始める――。おなじみのクレープが作られる過程に見入ってしまう人は多いだろう。かくいう私もその一人。中華風クレープの煎餅(チエンピン)は、主に朝ごはんとして北京の街角で気軽に食べられる一品だ。だが下町で評判の煎餅店を訪ねると、店主はこう告げた。「あと1、2年で店を閉める」。何が起きているのか。

 日本ではおやつとして普及した「クレープ」はフランス語だ。そば粉の生地にチーズや卵、魚介類を乗せて食べるガレットがその起源とされる。現在のようなクレープが日本に広まったのは1970年代のことだった。

 71年1月24日の朝日新聞朝刊(東京版)「日曜料理学校」という料理コーナーに、クレープの作り方を紹介する記事を見つけた。見出しは「クレープを焼く うす焼き卵の要領で 子供にはジャムを包む」。作り方を丁寧に解説しており、まだなじみのない食べ物であることが文面から伝わってくる。

 一方、中国の煎餅は小吃(軽食)として親しまれてきた。中国メディアの報道によると、5千年以上前の地層から煎餅を作るための鉄板などの調理器具が見つかっており、食の大国・中国の奥深さを物語る。現在、北京でポピュラーな煎餅は、山東省で発祥したものが100年以上前に天津で改良され、じわじわ広まったものだという。

北京の浅草、取材お断りの店

 北京の中心・天安門広場から南…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら