【動画】普門館は「青春の聖地」 タレントのつるの剛士さん=瀬戸口翼撮影
[PR]

 中学、高校で吹奏楽部に所属し、青春時代を捧げたというタレントのつるの剛士さん。11月で解体のために閉鎖された「吹奏楽の聖地」普門館(東京都杉並区)では毎年、コンクールの手伝いをしていました。そのときかいだ「におい」や、仲間と過ごした日々を通じて培った経験や思い……。そんな「吹奏楽愛」を熱く語ってくれました。

 中学1年から高校2年まで吹奏楽部員でした。東京で通っていた中学校の部活の顧問だった塚田誠先生(元・全日本吹奏楽連盟副理事長)の紹介で、普門館には吹奏楽コンクールの東京都大会と全国大会の運営のお手伝いのために通いました。

 毎年、出場校の演奏を記録用にカセットデッキで録音する係をやりました。たまに録音ボタンを押し間違えたりしながら(笑)、全国レベルの実力をまざまざと感じていました。「これはすごいや。やっぱり違うや」と。

 演奏もさることながら、夢の舞台にかける熱量に圧倒されました。例えるなら、一瞬の演技やレースにかけて日々鍛え続けるアスリート。そんな気概を出場校から感じました。

 黒光りするリノリウムの床や、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも