[PR]

 妙典駅に近い千葉県市川市の行徳小学校前の歩道橋に、大きな横断幕が掲げられている。黒地に金色の文字で「神輿(みこし)のまち行徳」。市が2年半前から、行徳地区の3カ所に設置している横断幕の一つだ。

 地区は「戸数千軒、寺百軒」と言われるほど寺社が多い。江戸時代に宮大工や漆塗りの職人らが集まり、同時に神輿づくりも盛んになった。戦後の一時期は地域にある三つの会社が、「全国の4割をつくっていた」とも言われた。このうち2社は廃業し、いまも続けているのは行徳小学校近くの中台(なかだい)製作所だけになった。横断幕は同社が寄贈したものだ。

 中台洋社長(47)は「神輿を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも