[PR]

 6日(日本時間7日)にカナダ・バンクーバーで開幕したフィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルの男子ショートプログラム(SP)で、平昌(ピョンチャン)五輪銀メダルで昨年2位の宇野昌磨(トヨタ自動車)が2位発進となった。報道陣との主なやりとりは次の通り。

 ――SPを振り返って。

 「日本で練習してきたことを出せなかった。過去にないほど、(大会中の練習の)調子が悪かったので自分でも驚いた」

 ――得点の91・67点に関しては。

 「粘りきった。今日の中では耐えたという感じだが、(これまでの日本での)練習から考えると、とても残念な結果」

 ――原因は。

 「メンタル的な部分なのかなと…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら