[PR]

 6日(日本時間7日)にカナダ・バンクーバーで開幕したフィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルの女子ショートプログラム(SP)で、シニア1年目の16歳、紀平梨花(関大ク)が今季世界最高得点の82・51点で首位に立った。報道陣との主なやりとりは次の通り。

 ――素晴らしいスコア。

 「すごくびっくりした。想像もしていないような点数だった」

 ――SPでトリプルアクセル(3回転半)を決めた。

 「自分の想像していたジャンプができた。やっとできたな、っていう気持ち。すごくうれしい。今季、SPでアクセルに苦戦していた。氷の感触(をつかむこと)と(ジャンプを跳ぶ)イメージが足りなかったというのに尽きると思っていたので、そこをしっかり改善できた」

 ――今日のトリプルアクセルに点数をつけるなら。

 「うーん、90点くらい。(残りの10点は)思いっきり高く気持ちのいいジャンプはカナダに来てからそこまで多くなかったので」

■ザギトワとの対…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら