[PR]

 インドで暮らすシーク教徒がパキスタン側にある聖地を自由に巡礼できるようにしよう。そんな計画をパキスタンが発表した。これに対してインドは「隠れた狙いがある」と抗議。両国間の新たな火種となっている。(カルタールプル=乗京真知)

 広大な田畑に野焼きの煙がたなびくパキスタン東部カルタールプル。インド国境から4キロしか離れていない農村の一角に、シーク教の開祖グル・ナーナクが逝去したと伝わる純白の寺院がある。

 ここで昨年11月28日、インドの信徒がビザ無しで通れる巡礼道の着工式があった。パキスタンのイムラン・カーン首相は出席者数千人を前に「インドとの対話や交易を進める機会にしたい」と語った。

 巡礼道は国境から寺院まで、川に橋を架けながら結び、今年夏までの完成を目指す。ホテルや診療所、土産物店なども併設し、観光地として売り出すという。

 インドだけで約2千万人いるとされるシーク教徒にとって、同寺院は開祖が他界するまで教えを説き続けた拠点として神聖視される存在だ。ビザに制限があるため、巡礼を諦めたり国境から望遠鏡で眺めたりするだけの信徒も多かった。

 着工式に居合わせた信徒グルデーブ・シンさん(40)は家族で唯一ビザが取れた。「今後は息子や娘にも巡礼の道が開かれる。この時代に生まれた喜びを家族と分かち合いたい」

 今年は開祖生誕550年で、多くの巡礼者が見込まれる。開祖生誕を祝う巡礼者は例年4千人ほどだったが、道ができれば1日当たり4千人を受け入れる態勢が整う見通しだ。

 着工式にはシーク教徒が多数を占めるインド・パンジャブ州のシドゥ観光相も出席した。巡礼道の構想をカーン首相に持ちかけた一人。両氏は元クリケット選手で親交があった。

パキスタンの狙いは

 国境を一部でも開き、インドへの歩み寄りを演出したかのように見えるパキスタンだが、真の狙いは別のところにある。

 それは国営テレビの中継映像か…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら