拡大する写真・図版 ノーベル賞受賞決定後、京大で会見する本庶佑特別教授=2018年10月1日午後7時56分、京都市左京区、金居達朗撮影

[PR]

 ノーベル医学生理学賞を10日(日本時間11日未明)に受賞する本庶佑(ほんじょ・たすく)さん(76)。その人柄が語られるとき、「こわい」という声が、さまざまなエピソードとともに聞こえてくる。もちろん真理を追究する、厳しい研究への姿勢があるからこそ、のものだ。

ダース○ーダーと化す?

 動物のしま模様を研究している大阪大の近藤滋教授は、京都大で免疫の研究していたときの体験を、自身のサイトでこう語っている。

 H先生から「ただちに教授室に来るように」という電話があった。なんだろう? 実験のことかな? 教授室に入ると、部屋に怒りのオーラが充満している。「こ、これはやばい」と身構えた時に、すでにダース○ーダーと化したH先生が、ゆっくり口を開き、重々しくおっしゃるのであった――。

 このH先生とは、本庶さんのことだ。

 近藤さんは自宅で熱帯魚を飼い…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら