【動画】Charさんとも共演、プロ目指す小学生ドラマー=小田健司撮影
[PR]

 就学前からドラムに親しみ、遊ぶようにリズム感を体で覚えてきた。熊本市の小学5年生、岩本健太郎君(11)は、そんなドラムへの向き合い方を変えようと思っている。きっかけは、この秋の大物ミュージシャンとの共演だった。

 今年の夏、健太郎君の機嫌はあまり良くなかった。ギタリストを目指す高校1年生の兄、晃良(あきら)君(16)が原因だ。10月、目をかけてくれているミュージシャンのCharさんのライブが熊本市であり、晃良君も出演することになっていた。

 音楽バーを経営する父の哲哉さん(63)ら家族は、その準備で頭がいっぱい。嫉妬心がわいていた。

 「健太郎も出たいのか?」。察した哲哉さんに「出たい」と答えた。しかし、厳しく指摘された。「ドラムを真剣にやってこなかっただろう」

 ほかのパーカッションなら可能…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら