[PR]

 将棋の藤井聡太七段(16)と、将棋ファンの憲法学者木村草太さん(38)が対談した。「進化を続ける高校生棋士の頭の中はどうなっているのか」「どんな学校生活を送っているのか」。将棋ファンの代表として、木村さんが数々の質問をぶつけた。

 木村 前年の目覚ましい活躍で、2018年は期待されたと思います。プレッシャーを感じながら、どう戦ってきましたか。

 藤井 重圧になると良くないので、あまり結果を求めすぎず、目の前の一局に全力を尽くして、という感じです。

 木村 昨年4月に進学しましたが、藤井先生にとって、高校生活はどういうものですか。

 藤井 学校で学んだことが将棋に役立つことはありません。ただ、ずっと将棋のことを考えていても精神的に行き詰まってしまう。学校に行くことで、バランスが保たれるのかなと。

記事中盤では対談の様子を動画でご覧いただけます。

 木村 高校の勉強で面白いと思うことは。

 藤井 世界史です。知らないこともあったので。いま、第1次世界大戦のあたりです。近代史の授業です。

 木村 ところで、最近の藤井先生のインタビューに、将棋で考えている時に必ずしも盤面を頭の中に思い浮かべていない、とありました。どういうことでしょうか。

 藤井 詰将棋の場合、短い手数…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら