[PR]

 国際フェンシング連盟(FIE)は7日、パリで理事会を開き、日本協会の太田雄貴会長(33)の副会長就任を決めた。任期は2020年12月まで。異例の若さでの就任は2年後の東京五輪の成功に向けての期待の表れといえる。太田氏は「2020年東京五輪でフェンシング会場を満杯にするとともに、最新テクノロジーを駆使した大会にしたい。フェンシングの楽しさをアジアを基盤に広く伝えたい」と抱負を語った。

こんなニュースも