[PR]

 警視庁の警察無線でのやりとりとみられる音声がインターネット動画投稿サイト「ユーチューブ」に公開されていたことが、同庁への取材で分かった。専門用語が使われていることなどから実際に行われたやりとりの可能性が高いと、同庁はみている。警察無線は暗号化され外部から聞くことは極めて困難な仕組みになっており、公開された詳しい経緯などを調べる。

 通信指令本部によると、音声は同一のアカウントから3本投稿されていた。2009年に東京都内で起きたひき逃げ事件の際の同本部とパトカーとのやりとりとみられる音声などで、車両のナンバーや所有者の名前といった個人情報も含まれていたという。

 11月中旬、ユーチューブで音…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら