[PR]

 寮がある地方の私立中学・高校で、首都圏からの入学者が増えているという。負担は増えるが、将来につながる学校に入れたい。夜遅くまで1人で家にいるくらいなら、集団生活の方がいい――。背景には、首都圏の保護者の意識と家庭環境が見え隠れする。(宮坂麻子)

 2010年春に開校した早稲田佐賀中高(佐賀県唐津市)は、大隈重信ゆかりの地で、グローバルとローカルの双方から人間力を育てると打ち出す。大隈の幼名にちなんだ寮「八太郎館」もあり、中高生の6割以上が暮らす。

 今年は中学で120人の定員に対し、志願者は約1300人。前年の約1・7倍だった。特に、首都圏会場の志願者は600人を超え前年の2倍以上。その結果、入学者の約半数は首都圏の小学校の卒業生になった。寮生の中学生も、半数以上は首都圏の生徒だ。

 入試広報部は「志願者が増えるのはうれしいが、これ以上首都圏からの生徒が増えたら、寮に入りきれない」と話す。地元にも考慮し、19年度入試からは首都圏・名古屋で合わせて「定員40人」と枠を設けた。

 人気の理由の一つは、高3の約…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら