[PR]

 JリーグのJ1参入プレーオフは8日、静岡県磐田市のヤマハスタジアムで決定戦があり、J1・16位の磐田が、プレーオフを勝ち上がったJ2・6位の東京ヴを2―0で破り、J1残留を決めた。東京ヴは2008年以来のJ1復帰を狙ったが、届かなかった。

 磐田は前半41分、FW小川航基がPKを決めて先取点を奪った。後半35分にもMF田口泰士が直接FKを決めて追加点。そのまま、逃げ切った。

     ◇

 ○名波監督(磐) 「負けたら間違いなく辞めるつもりだった。ここに至った責任は僕にある。迷惑をかけるかもしれないが(進退について考える)時間が欲しい」