LGBT、悩みは老後 「年取ったら消えてしまうのか」

有料記事ニュース4Uいろいろかぞく

高橋大作
【動画】「老後」について悩みを抱えるLGBT=高橋大作撮影

 「長生きしても老後が心配」「幸せな老後を迎えられる気がしない」。LGBTなどの性的少数派だという人たちが、ツイッターでそんな声をあげている。

店員、みな口々に不安

 当事者の不安を直接聞こうと、まず大阪・北新地のラウンジ「カマNベール」へ行ってみた。店員として働く10人は男性の体で生まれ女性として生きている。

 「私たちが切実に心配しているのは、老後よ、老後」。4~5人の店員に囲まれて話を聞くと、みな口々に不安を訴えた。

夜の街で働き始めて

 40代の梅宮望愛(みちる)さんに後日、大阪・西天満のレストランで改めて話を聞いた。18歳で女性として生きることを決意。両親に内緒で夜の街でショーガールとして働き始めた。お金をためて29歳で性別適合手術を受け、30代半ばで戸籍を女性に変えた。時間がかかったが、親も自分の性を受け入れてくれた。

ホルモン注射、保険の「リスク」に

 最近、70代になった母親を見て、自分の老後を現実的に想像するという。不安なのは、例えば保険のこと。若いころ一刻も早く性別適合手術を受けたくて、国民健康保険の保険料などを支払っていなかった時期があった。「同じ業界の先輩から、いざというときに困るから払いなさいと言われました。私たちは保険に入るのも難しいよ、って」

LGBTの切実な声、現場を訪ねた

介護を受ける立場になったら、どんなサービスを受けられるのか。私を介護するのは男性なのか女性なのか……。LGBT当事者が口にした悩みは、日本の将来の課題である孤独社会の問題と重なっていました。LGBTの老後を考える団体や、ライフプラン講座を記者が取材しました。

 店の同僚の1人は生命保険の…

この記事は有料記事です。残り3328文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
いろいろかぞく~LGBTQの家族の形~

いろいろかぞく~LGBTQの家族の形~

「いろいろかぞく」を通し、性的少数者と家族のあり方を考えます。[記事一覧へ]