[PR]

 サッカーの第98回天皇杯全日本選手権大会は9日、埼玉スタジアムで決勝があり、浦和が1―0で仙台を破って12大会ぶりの優勝を果たした。前身の三菱重工時代を含め、7度目。浦和は2017年のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)制覇以来のタイトル。

 来春に開催される富士ゼロックス・スーパーカップは浦和とJ1優勝の川崎が対戦する。来季のACLには、川崎と浦和が本戦出場権を獲得し、J1・2位の広島と同3位の鹿島がプレーオフに出場する。