[PR]

 国が2019年度末の完成を目指す八ツ場(やんば)ダムの湖岸となるJR長野原草津口駅近くに、群馬県長野原町役場の新庁舎と住民総合センターが完成した。25日にオープンする。センターはダムで地域が水没する見返りに建てられた。住民の交流拠点としてだけでなく、町を離れた人たちに故郷を思い出してもらう狙いもあるという。

 両施設は棟続きの平屋建てで外観は1棟に見えるデザイン。新庁舎の役場機能はコンパクトに集約し、正面玄関近くに議場を配置した。正面玄関には、敷地内で発掘された縄文時代中期末(約4千年前)の「久々戸(くぐど)遺跡敷石住居跡」を移した。床下のガラス越しに展示している。

 センターは約280席の多目的交流ホール、視聴覚室、図書室などが備えられた。蔵書は1万2千冊で、現在の町公民館図書室から倍増。八ツ場ダムコーナーを充実させ、建設中のダム写真や遺跡の発掘調査の全記録、ダム関連の書籍をそろえた。

 総事業費は約29億円。このう…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら