[PR]

 子供を取り巻く貧困と教育格差の問題を一緒に考えていこうという「子ども・若者支援フォーラム」が27日、さいたま市浦和区の浦和コミュニティセンター(浦和パルコ10階)である。2011年から同市で子供の学習支援や居場所づくりなどに取り組むNPO法人さいたまユースサポートネットの主催。

 フォーラムは2部構成。1部では前川喜平元文部科学次官が「子どもの貧困とマイノリティーの課題を教育行政の視点から考える」と題して講演する。

 2部は前川氏と、さいたまユースサポートネット代表の青砥恭さん、朝日新聞の氏岡真弓編集委員(教育担当)の3人によるパネル討論。朝日新聞社とベネッセ教育総合研究所の共同調査を踏まえ「自己責任という風潮が広がる社会で、地域社会とNPOの役割は何か」をテーマに話し合う。青砥さんは「なるべく会場との質疑応答の時間も設けたい」と話している。

 午後6時半~午後8時45分。…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら