「政治色」理由に施設を貸し渋る日本 変わり始めた欧米

有料会員記事トリエンナーレを考える

編集委員・大西若人
[PR]

 名品を所蔵して評価し、味わってもらう。そんな静かな美術館像とは全く違う姿が、相次いで来日した欧米の近現代美術館の館長によって示された。特に、トランプ政権下で社会の分断が進む米国と、EU離脱を目前にした英国の館長からは、「公共」を強く意識した発言が飛び出した。

 「いま、米国の状況は非常に難しい。政治的にも分断しています。その中で我々は、何が重要なのかを表現したい」と切り出したのは先月、東京の森美術館主催の討論会「拡張する現代美術と変わる美術館」に登壇した、ニューヨーク近代美術館(MoMA)のグレン・ラウリィ館長だ。

 トランプ大統領が、就任直後の2017年1月、アフリカ・中東の7カ国の国民の入国を一時禁ずる大統領令を出した際、私立財団が運営するMoMAでは、イラク出身の建築家ザハ・ハディドら、入国禁止になった国の出身者の作品を展示した。

ここから続き

 「現代美術は、表現の自由

この記事は有料会員記事です。残り1598文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
あいちトリエンナーレを考える

あいちトリエンナーレを考える

「表現の不自由展・その後」が一時中止されました。今も残る影響と、今後を考えるための視点を紹介します。[記事一覧へ]