紀平、22年北京へ「五輪で優勝、できたらなって…」

有料会員記事

構成・大西史恭
[PR]

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ上位6人で競うGPファイナルで優勝したシニア1年目の紀平梨花は9日(日本時間10日)、快挙から一夜明けてカナダ・バンクーバーで報道陣の取材に応じた。主なやりとりは次の通り。

 ――一夜明けて優勝の実感はわいてきたか。

 「終わってから30分はうれしさがあったけど、今は疲れもあってよく分からない感じ。でも、1位という結果は本当にうれしい」

 ――全日本選手権への意気込みは。

 「ショートプログラム(SP)、フリーで完璧な演技をそろえることです」

 ――(2022年)北京五輪金メダルという目標に向けて、現状は何%の段階か。

 「10%くらい。まだまだな…

この記事は有料会員記事です。残り762文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]