【動画】軒先に干し柿がずらり。まるであめ色のすだれだ=堀内要明撮影
[PR]

 大川村の役場から四国山中を車で分け入ること20分ほど。吉野川がほど近い井野川集落に、あめ色の玉すだれのような干し柿の一群を見つけた。

 地元の農業川上文人さん(65)、千代子さん(66)夫妻が地元の渋柿(生柿約100キロ分)を使ってつくっている干し柿だ。今年は師走に入っても暖かい日が多く、カビに注意しながら丹精を込めてきたという。

 7日ごろから平年並みの気温になり「ようやく冬らしい寒さがやってきて、柿もよろこびゆう」と千代子さん。(堀内要明)