イノシシ飼育施設で豚コレラ確認 岐阜の施設で4例目

[PR]

 岐阜県は10日、同県関市内のイノシシ飼育施設で、イノシシから豚コレラウイルスの陽性反応を確認したと発表した。9月に岐阜市で発生して以来、飼育施設で感染が確認されたのは4例目。

 県によると、豚コレラが発生したのは民間の施設で、猟犬の訓練などに使うイノシシを飼育しているという。

 県は、イノシシの殺処分や埋却などの防疫措置をとるとともに、家畜伝染病防疫対策本部員会議を開いて今後の対応を検討する。

 岐阜県内では、養豚施設での豚コレラの感染がこれまでに3例確認されている。野生のイノシシにも感染が広がっており、これまでに70頭に達している。