[PR]

【連載】この国と原子力④

「資本主義曲げて」再建

 原発事故を起こした東京電力はいま、どうなっている? そう聞かれて「役員に経済産業省の官僚がいますよ」と話すと驚かれる。

 事故の後、世の中には東電を法的整理に、という声があった。しかし、それだと社債などの弁済が優先され、賠償資金がほとんど残らない。社員も逃げ出し、事故の収束もままならなくなる――。

 それで、潰さずに実質国有化し、賠償資金を電気代から払う仕組みをつくった。今年10月に亡くなった当時の官房副長官・仙谷由人にそう聞いた。私たちは、この原資をまかなうために平均的な家庭で月数十円を払ってきた。

 ともあれ、2012年6月、一人の経産官僚が東電の取締役兼執行役に送り込まれた。現在、経産事務次官の嶋田隆(58)だ。

 優秀な社員が辞めていく中、士…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら