[PR]

 神奈川県大井町の東名高速で昨年6月、一家4人が乗るワゴン車を「あおり運転」で停車させ、大型トラックによる追突事故で夫婦を死なせたなどとして、危険運転致死傷罪などに問われた石橋和歩被告(26)=福岡県中間市=の裁判員裁判で10日、被害者の意見陳述があった。

 意見を述べたのは、事故で亡くなった萩山嘉久さん(当時45)=静岡市清水区=と妻友香さん(当時39)の高校2年生の長女(17)=検察官が代読=、嘉久さんの母の萩山文子さん(78)、友香さんの父(73)の3人。主な内容は次の通り。

     ◇

萩山さん夫婦の長女の意見陳述

 私はこの事件のことについては、できるだけ考えないようにしています。というより、むしろ、学校の勉強や受験や日々の生活を頑張ったり、楽しんだりすることで、忘れるようにして、現実逃避しているのかもしれません。

 もちろん、「父と母は亡くなり、もう会えないのだ」と頭ではわかっています。多分、現実を突きつけられたら、つらすぎて耐えられないと思う自分がいるのだと思います。

 学校があったので、裁判は傍聴できませんでしたが、ニュースなどで被告人の態度や言ったことを見たり聞いたりして、毎日、あきれていました。

 たしかに、あのときの父の言い方は、悪かったかもしれません。

 でも、被告人が、自分の都合で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら