[PR]

 2027年のリニア中央新幹線の開業をにらみ、発展を続ける名古屋駅。駅で売られる駅弁もまた、平成の変化の波にさらされてきた。激化する競争に立ち向かう老舗駅弁屋の生き残り策とは――。

駅弁が売れた時代

 彩り豊かな弁当の写真が残っている。カニかまをのせたカレーピラフに、ベーコンをあしらった味付けご飯のおむすび。鶏肉やがんもどきなどのおかずに串が刺してある。

 名古屋駅で駅弁を製造販売する松浦商店(名古屋市中村区)が、1987(昭和62)年に売り出した「トッピングオムズ」。「新幹線で食べられる駅弁」をテーマに展開されたキャンペーン「新幹線グルメ」の一環で、東京―新大阪間の各駅の駅弁業者が腕を競った。「オムズ」は「はしを使わなくても手軽に食べられる」がコンセプト。平成の半ばまで売られた。

 「手間がかかりすぎて工場内に専用の調理室もできた。今ではできないでしょうね」と常務の幅春久さん(59)が振り返る。幅さんが入社したのは91(平成3)年。会社の事務所や工場は名駅西口にあり、商品搬入などで駅には数え切れないくらい行き来した。

 当時の駅舎は築50年以上の歴史があった。駅構内には床屋や銭湯もあり、松浦商店の直売店もあった。「周りにコンビニがなかった時代。駅弁は今より5~6倍の個数が売れた」

「デパ地下」がライバルに

 松浦商店は22(大正11)年…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら