[PR]

 長崎県は10日、冬のボーナス(12月期末・勤勉手当)を支給した。一般職員(2万399人)の平均支給額(平均年齢44歳4カ月)は88万3874円で、前年同期比1・57%(1万3664円)増。人事委員会勧告にもとづき勤勉手当の支給月数が0・05カ月分増えたのが主な要因という。

 特別職は期末手当のみで0・025カ月分増加。中村法道知事は283万6418円、県議は200万1千円だった。

 この日、長崎市と佐世保市でも支給された。長崎市の一般職員(3020人)の平均支給額(平均年齢42歳9カ月)は81万3千円。田上富久市長は234万5843円、市議は144万1496円。佐世保市の一般職員(2474人)の平均支給額(平均年齢42歳2カ月)は80万8785円で、朝長則男市長は219万60円、市議は116万5410円だった。