東海第二の再稼働、原電「事前了解」否定 交渉時と一転

有料会員記事

比留間陽介
[PR]

 日本原子力発電(原電)・東海第二原発茨城県東海村)の新安全協定が結ばれるまでの経緯が公文書で明らかになった。原電は運転延長の申請期限直前、地元6市村の要求に沿って再稼働の事前了解を盛り込んだ協定案を提示していた。だが朝日新聞が新協定に事前了解を得るとする内容が含まれるかアンケートすると、地元6市村はあると答え、原電はないと回答。当時と異なる姿勢に転じている。

 新協定は昨年3月29日に締…

この記事は有料会員記事です。残り1266文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら