[PR]

 自民党は10日、参院議員の給料にあたる歳費を削減する法案の今国会提出を見送ることを決めた。来年夏の参院選以降、3年に限って月々7・7万円減らす内容。参院定数を6増やす改正公職選挙法が7月に成立したことを受けた経費削減策の一環として、今国会提出を目指していた。

 自民、公明両党は各党との共同提出を目指して調整を重ねていたが、野党が反発。来年の通常国会での早期成立を主張する公明にも配慮した。