[PR]

大阪市都島区「蕎麦(そば)とラー油で幸(こう)なった。」 井口幸祐(こうすけ)さん(34)

 オーナーの井口幸祐さんは子ども時代、祖母が作ってくれる肉蕎麦(そば)が好きだった。「ゴマ油がたらしてあって食べやすくて」。高校卒業後、飲食業に携わるうち、型にはまらない自分の味を作りたいと思い、色々な店を食べ歩いた。

 具材や薬味を加えた「食べるラー油」が流行すると、香ばしさが気に入って使い方をあれこれ試した。その頃、東京の店で「ラー油入りのつゆで食べる蕎麦」に出会い、「まさに自由な発想」と衝撃を受けた。蕎麦もラー油も好物だ。自分ならもっとおいしく作れるのではと思ったことが、いま店で出す「肉そば」を開発したきっかけだ。蕎麦の太さや粉の配合、つゆとラー油のバランスを試行錯誤し、2015年に開店した。

 蕎麦は製麺店に依頼し、5ミリ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも