[PR]

 16日に中国・広州であったバドミントンのワールドツアーファイナルの女子シングルス決勝でインドのシンドゥ・プサルラに0―2(19―21、17―21)で敗れて準優勝だった奥原希望(日本ユニシス)に、今季を振り返ってもらった。

     ◇

 ビッグタイトルをとりたかったけど、今大会は決勝まで戦いきれたことに満足しています。決勝のプサルラ選手をはじめ、世界のトッププレーヤーと対戦し、良いパフォーマンスを出すことができました。1年前は、この舞台に立てるとは思っていなかったのだから。

 昨年のこの時期、バドミントン…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら