[PR]

 2020年東京パラリンピックに出場が内定した車いすテニスのプロ選手で世界ランキング1位の国枝慎吾選手(34)=千葉県柏市在住=が11日、母校の麗沢大(同市)の授業に講師として招かれ、学生約50人を前に「金メダルを目指す」と抱負などを語った。

 国枝選手は10月のインドネシア・アジアパラ大会の男子シングルスで優勝。五輪を含む20年東京大会の個人種目で日本代表内定第1号となった。パラ出場は04年アテネ大会から5大会連続となる。パラではこれまで、シングルスとダブルスで三つの金を含む4大会連続のメダルを獲得している。

 国枝選手はこの日、経済学部の授業で、担当する豊嶋建広・特任教授の質問に答える形で話した。

 右ひじを手術して臨んだ16年…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら