[PR]

 議員立法の脳卒中・循環器病対策基本法が10日、衆院本会議で可決、成立した。

 同法は、脳卒中や心臓病など循環器病の予防を推進し病気になる人を減らし、健康寿命の延伸や医療・介護費用の負担軽減をはかる。国や都道府県には、循環器病対策を推進するための計画策定を義務付ける。予防や診断、治療法の開発に役立てるため国立循環器病研究センターや関係学会が協力して全国から循環器病の症例情報を集めるための体制整備も進める。

 この日閉会した臨時国会では、妊娠・出産から成人まで切れ目のない医療環境の整備を目指す成育基本法と、臍帯血(さいたいけつ)の民間取引の規制を強化する改正造血幹細胞移植推進法もいずれも議員立法で成立した。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら