[PR]

 アイヌ文化復興の拠点として、2020年4月24日に開設予定の「民族共生象徴空間」(北海道白老町)の愛称が決まった。アイヌ語で「(大勢で)歌うこと」という意味の「ウポポイ」だ。オープンまでちょうど500日となった11日、札幌市などでセレモニーが開かれたが、知名度の向上が大きな課題になっている。(芳垣文子、深沢博、三上修)

 11日夜、札幌市中央区のホテルで開かれたセレモニーで、スクリーンに「ウポポイ」の文字とロゴマークが映し出された。三つの候補から、一般からの投票で選ばれた。白老町では全小中高校の児童生徒約1500人が投票に参加した。

 高橋はるみ知事が「悲願だった開設に向け、機運を盛り上げたい」とあいさつ。象徴空間をPRするアンバサダー(大使)の俳優宇梶剛士さんらによるトークセッションもあった。

 道庁赤れんが庁舎では11日夜…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら