[PR]

 目に優しく、物が色鮮やかに見える――。従来製品よりも光の波長が太陽に近く、自然な光が出せる「紫色LED」の活用が広がりつつある。これまでは価格の高さがネックとなり、美術館や医療現場の照明に用途が限られていたが、最近は家庭向けの商品も登場し始めた。

 家電ベンチャーのバルミューダが今秋、子ども向けのデスクライト「ザ・ライト」を発売した。価格は3万7千円(税別)。自然な光が出せることから、同社が「太陽光LED」と呼ぶ紫色LEDを採用した高級商品だ。

 一般的なLEDの照明は青色のLEDを光源としつつ、黄色い蛍光体を光らせることで白色の光をつくるが、太陽光よりも目への悪影響が指摘される青の波長(ブルーライト)が強くなる。一方、紫色のLEDを光源に複数の色の蛍光体を使えば、ブルーライトが抑えられる。目が疲れにくく、光を受けた物の色みも自然に見えるという。

 光の角度も調節し、手元に影が映りにくいようにしている。寺尾玄社長は「子どもの目を守りたい親の思いに応えた。この先は『照明は光ればいい』という時代ではなくなる」。今後も紫色LEDを使った商品を増やす方針だ。

 京セラは、8月に発売したサン…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら