[PR]

 来季からJ3に参入するヴァンラーレ八戸は11日、年内で退任する葛野昌宏監督(43)に代わってJ3・藤枝MYFC(静岡)の元監督、大石篤人氏(42)が新監督に就任すると発表した。

 大石氏は大阪府出身。駒沢大学を卒業後、Jリーグのヴァンフォーレ甲府(山梨)などでプレーした。引退後は前橋育英高(群馬)のコーチなどを経て、2015年から今年7月まで藤枝の監督を務めた。

 大石氏はクラブを通じ、「葛野前監督が作った八戸サッカーの礎を保ちながら、さらなる成長に寄与できればと思っている。自分の持てる力を全てこのチームに捧げ、チーム一丸となって戦っていきたい」とコメントした。

 葛野監督はJリーグの監督に必要なS級ライセンスを持っていないため年内で監督を退任するが、選手のスカウトや若手選手の育成を担当する強化部長兼アカデミーアドバイザーとしてチームに残る。(仲川明里)