[PR]

 民泊のルールを定めた新法「住宅宿泊事業法」が施行されて15日で半年になる。違法な「ヤミ民泊」をなくそうと、物件の届け出を義務づけるなどの規制を設けた。空き家を民泊施設として再生させるケースが出てきている一方、新法ができてもヤミ民泊はなくならず、業界は違法業者の排除に乗り出した。

 訪日客の宿泊者数が昨年約6万人と過去最高になった和歌山県那智勝浦町。築約100年の古民家に「民泊 玉の浦Sea」の真新しい看板がかかる。近くに住む宗時滋子さん(69)が9月にオープンした。客の9割が訪日客だ。

 仲介サイトには「美しい海岸に近い、素敵な古い家」(スペイン人男性)、「日本での旅行で最も印象的だった宿」(ドイツ人女性)といった好意的なコメントが並ぶ。

 宗時さんの祖父が建てた家で、親戚が泊まりに来る夏場以外は空き家だったが、何とか生かしたいと民泊の登録を決めた。当初は営業日数が長い旅館業法上の簡易宿所にしようとしたが浄化槽の基準が合わなかった。トイレを洋式にしたり、Wi―Fiをつけたりして訪日客を受け入れた。2人なら1泊1万円未満だという。

 「こんな田舎の家なのにありがたい。お金もうけではなくて完全に趣味。気楽に自由にできるのが民泊の魅力だと思います」と宗時さんは話す。

 観光庁によると、民泊新法が施…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら