[PR]

 北陸新幹線と九州新幹線の事業費が当初計画を大きく上回っている問題で、政府は、JR各社に追加負担させて来年度の事業費を賄うことは断念し、国の負担増などで対応する方針を固めた。JR各社には引き続き負担増を求める考えだが、JR側の反発は強く、財源確保のめどがないまま事業が続く見通しとなった。

 整備新幹線の事業費は、JR各社と国、沿線自治体が出し合い、国は今年度は755億円を負担している。しかし、建設中の北陸新幹線と九州新幹線の事業費は人件費の上昇などで、当初計画よりも計3460億円程度拡大。JR各社に対し、政府は負担増を要請したが、激しい反発を受けて調整は難航。年内の予算編成までに結論を出せない見通しになった。

 関係者によると、国土交通省は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら