[PR]

(フロントランナー)狂言師・野村萬斎さん(52)

 どこから来たか、何を考えているかわからない。謎めいた空気をまとう、数少なくなった型の表現者だ。

 黒澤映画「乱」で盲目の少年、朝ドラ「あぐり」では風来坊な父、「にほんごであそぼ」なら「ややこしや」の狂言師。長く印象に残る役を30年以上演じてきた。軸足は生の舞台に置く。家業の狂言はもちろん、シェークスピアや現代劇も。近年の活動は特に充実している。

 2017年に演出、主演した木下順二作「子午線の祀(まつ)り」は「僕の芸術観に強く影響しているといって過言ではない」作品となった。

 GPSの赤いピンが地図に重なるように、現代にいる観客は舞台上の物語の中に時空を超えて入り込む瞬間、ドラマを享受する。それは時間軸や空間軸が変われば違う人生がありえたということ。「自分自身も狂言の家に生まれているので、そういう人生観を強く感じやすい状況にあった」という。

 昨秋はパリの文化芸術イベント「ジャポニスム」で、父の野村万作(87)、長男の裕基(19)と格式の高い難曲「三番叟(さんばそう)」を舞った。

 300年続く狂言の家で芸が受…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら