[PR]

 働く女性が急速に増えるなか、スーパーの総菜売り場は充実し、下ごしらえ済みの調理キットが次々に発売されています。しかし、それを遠巻きに眺め、「手抜き」ではないかと罪悪感にさいなまれる女性たちがいます。時短商品では救われない、彼女たちの心の呪縛とは――。

 千葉県に住む女性(36)の頭の中は常に「今夜の献立を何にするか」でいっぱいだ。

 朝7時半に家を出て、夕方まで野菜の加工のパート、終業後はスーパーに直行して帰宅する。1時間ほどで、子ども3人と夫、姉、母の7人分の夕食を作る。

 この日のメニューは、サイコロステーキとポテトサラダ。魚や肉のメインと、スープやサラダなど最低2品を出すのが「マイルール」だ。片付けを終えると、あっという間に夜8時を過ぎる。

 ルールは他にもある。できる限…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら