[PR]

 将棋の高校生棋士、藤井聡太七段(16)が12日、第27期銀河戦(囲碁・将棋チャンネル主催)の対局(同局で来年3月5日放送)で阿部健治郎七段(29)に勝ち、公式戦通算100勝を達成した。この日行われた銀河戦で2連勝した。

 日本将棋連盟によると、16歳4カ月での達成は、羽生善治竜王(48)の17歳6カ月を抜き最年少記録。永世称号獲得者や中学生棋士の中で、プロ入りから2年2カ月での達成は羽生竜王の2年3カ月を抜いて最短。100勝達成時の勝率8割4分7厘(100勝18敗)も、中原誠十六世名人(71)の8割2分6厘(100勝21敗)を抜き最高勝率となる。

 羽生竜王の記録を塗り替えたことについて藤井七段は「自分が将棋を始める前から第一線で活躍されてきた方の記録を一つ超えることができてうれしい」と話した。最も印象に残った対局には、竜王戦で船江恒平六段に勝って七段に昇段した対局を挙げ、「あまり経験のない形だったが、自分なりにしっかり指せた」と話した。

 今年1年を振り返っては「朝日杯と新人王戦という二つの棋戦で優勝という結果を残すことができて、自信になった。大きな出来事だったと思う。一方で王座戦や竜王戦などでは残念ながら敗れてしまった。将棋を通して現状の課題を認識できたので、経験を生かしてまた来年につなげていければ」と話した。

 羽生竜王は「16歳での100勝達成は空前絶後の大記録。棋士として一里塚を通過してさらなる前進を期待したい」、師匠の杉本昌隆七段(50)は「周囲の期待通りに結果を出し続ける藤井七段の精神力には感心するばかり。次の記録更新は何になるのか、今後も楽しみにしています」とコメントを寄せた。(村上耕司)

永世称号獲得者・中学生棋士の100勝達成記録

 棋士名   達成までの期間 達成年齢    勝率

①藤井聡太  2年2カ月   16歳4カ月  0.847

②羽生善治  2年3カ月   17歳6カ月  0.787

③中原 誠  2年9カ月   20歳10カ月 0.826

④佐藤康光  2年10カ月   20歳4カ月  0.709

⑤森内俊之  3年0カ月   19歳7カ月  0.694

⑥渡辺 明  3年5カ月   19歳4カ月  0.676

⑦谷川浩司  3年6カ月   18歳2カ月  0.685

⑧加藤一二三 3年9カ月   18歳4カ月  0.746

⑨米長邦雄  5年7カ月   25歳5カ月  0.641

⑩大山康晴  7年5カ月   24歳3カ月  0.794

12月12日時点、日本将棋連盟調べ。対象は永世称号獲得者・中学生棋士