愛媛)「地産知笑」の愛媛プロレス 女性代表もリングに

有料記事

佐藤英法
[PR]

 愛媛唯一のご当地プロレス団体・愛媛プロレスは2016年に松山市に旗揚げした。約30人の団員を率いるのは、黒いマスクと衣装に身を包んだキューティエリー・ザ・エヒメさんだ。

 年2回開かれる主催試合が11月10日夕、松山市総合コミュニティセンターであった。「満員札止め」の約400人の観客を前に、女性も男性と一緒に戦う。負けそうなレスラーに子どもが「頑張れ」と叫ぶ。

 エリーさんは愛のムチを持つ「ディーヴァ」としてレスラーを鼓舞し、試合を盛り上げる。乱闘に巻き込まれる日もある。「なぜ男女を分けるのでしょう。私よりも体力がない男性がいるのに」と壁を作らない。「お母さんが子どもに見せたいプロレス」をめざし、流血は避ける。

 実はプロレスに興味はなかっ…

この記事は有料記事です。残り1162文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。