[PR]

 新潟県や県内の漁協が、ズワイガニの新たなブランド「越後本ズワイ」の売り込みに力を入れている。独自の基準で品質をアピールし、高級ガニとして知られる福井の越前ガニ、鳥取の松葉ガニのようなブランド化を目指す。

 県漁業組合連合会によると、県内のズワイガニ漁獲量は197トン(2016年)で全国6位だが、平均単価はオスで1キロ辺り約2400円と、越前ガニ(約7500円)や、松葉ガニ(約3600円)より大幅に低い。県漁連の担当者は「味は松葉ガニ、越前ガニに劣らないのに、知名度の低さで安くなっている」。

 そこで、本州側と粟島浦村の県内6漁協と県漁連、県などでつくる「新潟越後広域水産業再生委員会」が昨年度から、新たなブランド化の取り組みを始めた。

 参加漁協の管内で水揚げされた…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら