[PR]

 1977年に13歳で北朝鮮に拉致された横田めぐみさんを題材にした演劇「めぐみへの誓い―奪還―」が2月20日、大阪府豊中市で上演される。政府の拉致問題対策本部と府、豊中市、大阪市が主催し、事前申込制で入場無料。

 東京の劇団「夜想会」による公演で、中学1年生のめぐみさんが新潟市の海岸で北朝鮮の工作員に拉致された当時から現在に至るまでの経緯、めぐみさんや田口八重子さんら拉致被害者の北朝鮮での生活などを描いた。脱北した元北朝鮮工作員らの証言などを元に脚本を作った。

 拉致問題への関心を高めようと、政府と自治体が共催して全国各地で公演している。府内では大阪市で開かれたが、北摂地域では初めての開催という。

 公演は豊中市曽根東町3丁目の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら