[PR]

 奈良県斑鳩町が進める世界遺産・法隆寺の門前のホテル計画で、事業者をプロポーザル方式で公募していた町は、優先交渉権者を国内外に52カ所のホテルチェーンを持つ呉竹荘(くれたけそう、本社・浜松市)に決定した。12日、町内で両者が基本協定書を結んだ。

 仮称「法隆寺パークホテル」。場所は法隆寺の参道入り口にある法隆寺iセンター脇で、鉄骨造り2階建て、瓦屋根の「和モダン」の外観となる。62室で1泊素泊まり6千円、2食付き1万2千円を予定している。地元特産品のマルシェやレストラン、温泉施設と無料の足湯を併設する。

 開業は、町は当初2020年夏を想定していたが、開発手続きに時間がかかるとして21年春になる。21年は聖徳太子1400年御遠忌(ごおんき)で、2月の命日に合わせて一部施設のプレオープンも検討する。総事業費は7億~8億円の見込み。

 町によると、事業を提案したの…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら