[PR]

 「つわりがひどくても言い出しにくい」「無理をして妊娠中毒症になった」。結婚や出産で退職するのが当然視された時代、職場の声をすくい上げ、会社に立ち向かった女性がいます。その闘いに、男性も加わりました。

 「男も女も育児時間を」。1981年、石油会社の労働組合が異色のストライキを始めた。先導役の一人が労組役員で33歳だった柚木(ゆのき)康子さん(70)。1千日を超えるストを続け、その後も「女性が働くことは人権」を信条に、会社と格闘し続けた。

 東京都立高校から国公立大学を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら