[PR]

 埼玉県杉戸町を訪れる観光客らに、手軽に食べ歩きを楽しんでもらおうと、地元の県立杉戸農業高校食品流通科の生徒たちが町内産のイモ「丸系八つ頭」を活用したグルメ7品を開発した。町は今後、改良を加えたうえで、地元の店などにレシピを提供し、協力を募りたい考えだ。

 丸系八つ頭は、県がサトイモの一つ「八つ頭」の系統を選抜し、商標登録したもの。大きく丸い親芋が1個できる。ほんのり甘く、ホクホクした食感で皮むきも簡単なのが特徴。

 町と町観光協会が、町内で生産が盛んな丸系八つ頭を活用した新たなグルメ開発に着手し、同高にも協力を要請。約20人が1月から試作してきた。

 同校で12日に開かれた試食会…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら