[PR]

 自動運転やシェアリングといった新技術を背景に、自動車産業が大変革を迫られている。米国や中国の巨大なIT企業など新たな競争相手もあらわれるなか、既存メーカーがつくるクルマはどう変わるのか。トヨタ自動車でデザイン分野を統括するサイモン・ハンフリーズ常務理事に話を聞いた。

 ――自動車業界はいま、「100年に1度の大変革期」と言われます。

 単純なエンジン車だけだったものから、電気自動車やプラグインハイブリッド車、燃料電池車が増え、クルマの骨格のレイアウトがどんどん変わっている。車体に使える素材が増えればデザインの自由度も上がる。自動運転も思ったより早く実現しそうだ。

 将来のモビリティー(乗り物)は、四つのタイヤがついているものに乗って、目的地に行くというだけではない。家の中までを含めて、朝起きたときから夜寝るときまで関わるものになるだろう。

 ――業界が変化する中、デザインの役割は。

 デザインとは課題を解決することだと思っている。トヨタは(移動にまつわるすべてのサービスを提供する)「モビリティーカンパニー」に変わると決めたが、デザインの役割とは、顧客に近い立場からより自由な生活ができるアイデアを提案することだ。

 例えば高齢化。高齢者の通院と…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら