[PR]

 JR東日本は12日、世界最速となる時速360キロ運転をめざす次世代新幹線の試験車両「ALFA―X(アルファエックス)」を、川崎重工業兵庫工場(神戸市兵庫区)で報道公開した。来年5月には全10両編成が完成し、東北新幹線で実験走行を始める予定だ。

 公開されたのは、2種類ある先頭車のうち、「鼻」の部分が約16メートルある1号車の車体。両サイドをそぎ取ったような形状で、騒音の原因となるトンネル進入時の圧力波を防ぐ効果を狙う。色は青みがかったメタリックを基調としている。

 2030年度を予定する北海道新幹線の札幌延伸時に、360キロ運転を実現するのが目標。実験走行では、空力ブレーキや新たな車体制御装置の開発などもめざすという。(細沢礼輝)