[PR]

 経営するガールズバーでの料金をめぐって客を脅したなどとして、大阪府警は12日、傷害や恐喝未遂などの疑いで大阪・ミナミを拠点とする半グレ集団「アビスグループ」のメンバーの10~30代の男女49人を昨年11月~今年11月に逮捕・送検し、6人を書類送検・家裁送致したと発表した。ミナミでは最近、半グレ集団をめぐるトラブルが問題化していた。

 捜査関係者らによるとアビスは元暴走族や風俗店のスカウトら約120人で構成。昨年9月以降、法外な料金を客に請求するぼったくり行為や支払いを拒む客への集団暴行を繰り返していたと府警はみている。

半グレ
元暴走族や遊び仲間などがつながったグループ。「半分ぐれている」が語源とされる。近年、都市部を中心に台頭し、警察庁が「準暴力団」と位置付けて取り締まりを強化している。暴力団に属さず、繁華街で集団暴力行為を繰り返したり、特殊詐欺などの犯罪行為で資金を得たりしているとみられている。

 南署によると、摘発したのは39事件で、18人が起訴された。今年7月に大阪市中央区のガールズバーで起きた事件では、男性客に「料金の支払いが遅い」と言いがかりをつけ、取り上げたクレジットカードでネックレスを買わせようとしたとして10~20代の男2人が逮捕、恐喝未遂罪で起訴された。また区内の路上で6月、通行トラブルの末、男性の顔面を集団で殴るなどしてけがを負わせた傷害の疑いなどもある。

 リーダーの男(20)=事件当時19歳=やナンバー2の野口直人容疑者(20)は8月、対立する半グレ集団のメンバーを襲う目的で金属バットなどを手に十数人が集まり、催涙スプレーを噴きかけたなどとして逮捕、凶器準備結集罪などで起訴された。

 南署によるとリーダーは「アビスグループなんて知らない」と否認。野口容疑者は「リーダーの指示にそむけば集団リンチに遭う。やるしかなかった」と供述しているという。

 府警はアビスを「準暴力団」として警察庁に報告していた。アビスは先月に解散を届け出たという。

■ガールズバー17…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら