【動画】2羽のタカとともに一人暮らししながら調教する高校生の鷹匠、小川涼輔君=張春穎撮影
[PR]

 タカと鷹匠(たかじょう)の男子高校生が、山あいの群馬県沼田市で一つ屋根の下で暮らしている。腕にタカを止まらせて散策したり、雨の日は自宅で一緒にすごしたり。厳しさの一方で甘さも漂う彼らを訪ねてみた。

 「放してもちゃんと戻ってくるから、かわいい」

 尾瀬高(沼田市)の2年生小川涼輔さん(17)は昨年12月の放課後、校庭にいた。口笛を吹くと、約50メートル先からメスのハリスホーク「ルギー」が小川さんに向かって真っすぐ羽ばたく。定位置の左腕に止まった。

 「リラックスしています」。ルギーのしぐさから小川さんは心を読み取る。放しては戻る「渡り」という調教が日課で、普段は自宅周辺が主な練習場所だ。

 全国でも数少ない高校生の鷹匠。全国から参加者が集う国内最大級の猛禽(もうきん)類の大会「フライトフェスタ」のハリスホークの部で、小川さんはルギーと組んで3連覇したこともある。

 育ったのは一般的な家庭。きっかけは小学6年の頃、テレビで鷹匠の姿を見てあこがれたことだ。当時は榛東村の実家で7人暮らし。「タカを飼いたい」という突拍子もない願いに、両親も祖父母も驚いた。「鳥好きとは知っていたが……まさか。そもそも飼えるの?」と母親直美さん(45)。

 ただ小川さんが熱心にタカの本を読み、本気と分かると、家族はタカ用の小屋を作り、販売する店を探した。小川さんもお年玉やお小遣いをかき集めた。

 茨城県牛久市の猛禽類専門ペットショップで出会ったのが、1歳に満たなかったルギーと師匠となる藤田征宏さん(48)だった。

 実家に来たばかりのルギーは、羽をばたつかせて威嚇してきた。「怖い」と思ったが師匠の教え通り、数日後には左腕に乗せてエサを食べさせた。

 今では、ルギーは小川さんの前では優しく見える。師匠の藤田さんは小川さんについて「素直でまじめ。大会でも自分で考えながら取り組んでいる」と評価する。

 小川さんは尾瀬高に入学し、学校そばの空き家を借りて一人で暮らす。同校の自然環境科で鳥について学ぼうと思ったからで、「相棒」のルギーも棟続きの小屋で暮らす。

 普段は放課後に自宅周辺で、30分ほど渡りの調教。その後、左腕に止まらせて2時間ほど散策する「据え回し」をして周囲の環境に慣れさせ、左腕が安心できる場所と分からせる。雨の日は自宅で一緒に過ごす。

 「一緒にいて信頼関係を築くことが大切。でも、ベタベタすると嫌われる」と小川さん。時折、様子を見に来る直美さんも、それまで趣味のなかった小川さんが目を輝かす姿に「生きがいを見つけられてタカに感謝。ラブラブなの」と喜ぶ。

 鷹匠として幅を広げようと、数年前からメスのオオタカ「レイア」(4歳)も飼う。ハリスホークより狩りに優れるとされるが、小川さんは「じゃじゃ馬」と表現する。ときに両脚で両腕をつかまれ、身動きできなくさせられる。

 高校卒業後は、藤田さんのもとで修行し、害鳥排除などタカと一緒に仕事をするのが夢だ。「タカは努力が返ってくる。今の生活は楽しいです」(張春穎)